使い方・マニュアル

(31件)
絞り込む

絞り込み検索

キーワード

カテゴリ

スマートタグの画像を変更したい

※ただ今本機能についてエラーが発生いたしており、変更機能はご利用いただけません。問題解消までしばらくお待ちください※   Smart Tagアプリホーム画面にある「設定」から、「スマートタグ設定」>「名前と画像」の「編集」を押すと、画像の変更が行えます。  …

スマートタグとうまく通信できません

通信ができないときは、下記をお試しください。 スマートフォン端末のBluetoothを一度オフにして、再度オンにする。 まわりにWifiルータやノートPCがたくさんある場所から離れて登録する。 なお、電池の入れ替えに失敗している場合もございますので、上記でも解決しない場合は、以下を参照ください。 参考:電池を入れ替えるときには…

電池のフタを外せません

ネジを外した後、リボンを下に(スマートタグ側に)押し込むと、フタが外側に外れやすくなります。

ファームウェアの更新とは何ですか

ファームウェアの更新によって機能の強化や信頼性が向上します。更新可能な場合、[スマートタグ設定] > [ファームウェアの更新]より実施いただけます。 現在のファームウェアバージョンが取得できないと[更新する]ボタンがタップできません。その場合は[再取得]をタップしてください。 正常に処理が終了すると、ファームウェアのバージョン番号が上がります。 …

専用アプリはどこからダウンロードできますか

AppStoreあるいはGoogle Playよりダウンロードできます。各ストアで「キュリオスマートタグ」で検索いただくか、下記のリンクよりダウンロードください。 ・App Store(iOS) ・ Google Play(Android)…

電池消費を抑えたい

長時間移動しない際などにスマートタグサービスをOFFとすることで電池消費を抑えられます。なお、スマートタグサービスをOFFとすると位置情報の送信やリモコン機能の利用ができませんのでご注意ください。 Android版をご利用の場合は、「信頼できる場所」を活用いただくことで、自動的にサービスのON/OFFが可能です。 参考:「信頼できる場所」とはなんですか…

「信頼できる場所」とはなんですか

スマートタグサービスを自動的にOFFにし、スマートタグのスキャンや位置情報の送信を行わない場所です。現在はAndroid版でのみ利用できます。 自宅や職場など、荷物を長時間移動せずに失くす心配のない場所を設定すると、アプリによる電池消費を抑えられます。なお、この場所にいるとリモコン機能が利用できませんのでご注意ください(アプリからスマートタグのブザーを鳴ら…

会員登録が必要なのはなぜですか

スマートフォン自体をなくしても他の端末からスマートタグの場所を確認できるように、会員登録を必須とさせていただいております。

再接続したときにの通知について

「通知条件の設定」内にある「再接続したときに通知する」をオンにしておくと、一度離れたタグがスマホが見つけられる距離にやってきたときpush通知でお知らせします。   モノを探しているときなど、常にスマホを見なくとも近くに来たら気づけるようになりますので、必要に応じてご利用下さい。

通知されるまでの時間について

スマホへの通知頻度については「通知条件の設定」内から変更できます。つけるモノに合わせて設定ください。 ※ご利用の環境によっては30秒前後の誤差がありますのでご注意ください。   「はやい」 モノが手元から離れて1分程度で通知されます。置き忘れたらすぐに知りたい、多少通知が多くとも構わない、と言う場合はオススメです。   「ふつ…

スマートタグからスマートフォンをどうやって探すのですか

「スマートタグ設定」>「リモコン設定」から、任意のボタンの押し方に『スマホを鳴らす』を設定し、設定した押し方どおりにボタンを押すことで、荷物などに隠れたスマートフォンを鳴らして探すことができます。   鳴らしている音を止めたい場合はスマートフォンのアプリから止めるか、再度『スマホを鳴らす』を設定した押し方でボタンの押すと、スマートフォンの鳴動を…

スマートフォンからスマートタグをどうやって探すのですか

※ ご利用の端末のプラットフォーム(iOS/Android)、アプリのバージョンによって一部違いがあります。   アプリを開き、「ホーム」画面上のスマートタグの状態を確認してください。 ご利用の端末の近くにある場合、次のようにスマートタグが近くにあることがわかります。   Bluetoothの繋がる圏内であれば、アプリから「…

スマートタグがなくてもアプリは利用できますか

アプリ自体へのご登録・ご利用は可能です。知人の方からスマートタグ情報を共有されている場合、アプリから位置情報を把握できます。

スマートタグからスマートフォンをどうやって探すのですか

「スマートタグ設定」>「リモコン設定」から、任意のボタンの押し方に『スマホを鳴らす』を設定し、設定した押し方どおりにボタンを押すことで、荷物などに隠れたスマートフォンを鳴らして探すことができます。   鳴らしている音を止めたい場合はスマートフォンのアプリから止めるか、再度『スマホを鳴らす』を設定した押し方でボタンの押すと、スマートフォンの鳴動を…

スマートフォンを持っていないとき、スマートタグの情報は送れないのですか

スマートタグの位置情報は、スマートフォンの位置情報を使って記録されるため、スマートフォンが近くになければ送ることができません。   初期設定を完了したスマートタグを持ち歩くことで、ご利用の端末ではなくとも、スマートタグのアプリをインストールされている端末を利用して、現在のスマートタグの位置情報が記録されます。 ※ 位置情報を第三者へ許可なく公…

位置情報の記録と表示について

「アプリ設定」の自分のスマホが見つけたデータの「移動経路の記録と表示」をオンに設定してください。 「移動経路の記録と表示」をオンに設定すると、ご利用の端末が一定距離移動するごとにスマートタグの位置情報が送信されます。   また、「アプリ設定」の他のスマホが見つけたデータの「手元から離れたら常に表示」をオンに設定していただくと、スマートタグを紛…

スマートタグを使い始めるまでの登録方法を知りたい

※ ご利用の端末のプラットフォーム(iOS/Android)、アプリのバージョンによって一部違いがあります。

スマートフォン1台あたり何個までのタグを登録できますか

スマートフォン1台あたり、スマートタグ5個までの動作確認をしております。

AndroidアプリでBluetoothだけを利用したいのに、位置情報(GPS)の利用が必須なのはなぜですか

Android 6.0以上からBLEの利用には位置情報の機能、権限を共にオンにする必要があります。 アプリ内で位置情報に関わる機能を利用されない場合でも、位置情報の機能、権限をオンにしてください。

カメラのシャッターとして使うには

「スマートタグ設定」>「リモコン設定」から、任意のボタンの押し方に『カメラシャッター』を設定し、設定した押し方でボタンを押すと、アプリ内臓のカメラ機能をご利用いただけます。   カメラ撮影画面を起動後、再度『カメラシャッター』に設定した押し方でボタンを押すとカメラシャッターとしてご利用いただけます。