誤通知が起こるとき、下記の要因が考えられます。お客様の事例にあった方法をお試しください。

 

○Wi-Fiルーターとハブの距離が遠いとき

部屋をまたいでいたり、電子レンジやBluetoothスピーカーなど、電子機器が多くある場合に、ルーターとハブがうまく通信ができない場合があります。距離を近づけるか、電子機器を離してください。Wi-Fiルーターのある部屋にハブがあると最適です。

 

○タグとハブの距離が遠いとき

部屋をまたいでいたり、電波を通しにくい入れ物(金属製の引き出しなど)の中にしまっていたりすると、うまく通信できない場合があります。タグをカバンに付けていればカバン置き場に、カギに付けていたらカギ置き場の近くにハブを設置してください。タグを置く部屋にハブがあると最適です。

 

○Wi-Fi増幅器を利用しているとき

親のルーターとWi-Fi増幅器、両方のSSIDを受信できる場所にハブを置くと、通信が不安定になる場合があります。できる限り、どちらかのみ受信できる環境にハブを設置してください。

 

もしお試し頂いても状況が改善しない場合、お手数ですがサポート窓口までお問い合わせください。

関連記事